レディース・ライディング・スクール活動の始まり


<起源> 全日本トップレーサー 井形 マリ

 まだバイクに乗る女性が皆無に等しかった'70年代、井形マリはバイクと出会い、'78年にロードレースデビューをはたしました。その後実力を付け、'82年に国際A級に昇格。全日本ロードレース125ccクラスへの参戦が始まり、常にトップグループを走り、数々の実績を残しました。しかし、'87年8月のレース予選中に転倒、その時の怪我がきっかけとなり引退に至ります。結局その予選はトップの記録となり、決勝が走れぬまま『幻のポールポジション』として伝説となって残りました。



<誕生> チームマリを結成

 ロードレースを引退した翌年、'88年に井形マリは女性ロードレースチーム『チームマリ』を結成。マリはチーム監督となり、女性レーサーを育成。妹の井形とも を筆頭に数名の女性ライダーがロードレースに挑み、井形とも は女性で4番目の国際A級となりました。その後も2名の女性国際A級ライダーが誕生し、次々に全日本選手権の舞台へと送り込みました。


<始動>安全運転普及活動を開始

 '88年にチームを結成した翌年より、安全運転普及活動に携わることになります。現在のライディングスクールの発端はここにありますが、当時はまだ片手間の仕事。手本もない中、模索しながらのスクール開催でした。当時のインストラクターは、全員がチーム員であるロードレーサー。大きいコーナーを高速で曲がることは皆が得意でしたが、低速で小回りをすることが苦手なチーム員もいました。「Uターンってどうすればいいの?」という悩みを抱えながらの指導は、今となっては笑い話です。


<発展>女性向けライディングスクールの開始

 まだ一般に女性ライダーが少なかった頃は、男性と女性に対し同時にライディングを指導していました。しかし、女性と男性の根本的な体形・体力の違いから、「女性には女性に適した指導方法が重要である」と実感した井形マリが、女性専用のスクールを企画・立案します。これが実現したのは、1992年、鈴鹿でのことでした。参加人数は20名程度と、とても小さな活動からスタートしました。それが年々参加者数が増え、現在では年間延べ参加人数500人、契約インストラクターも30名という規模の活動へと成長しました。現在の延べ参加人数は1万4000人を超えています(2017年7月末現在)。



| TOP | レッスン内容 | 開催予定 | 申込方法 | 申込フォーム | お知らせ | クラブ案内 |イベント | クラブ申込み |
Copyrihgt (c)2010 TEAM MARI Co., Ltd. Japan All rights reserved.