インストラクターの紹介

井形とも率いるチームマリのインストラクターは、かなり個性派揃い。レーサーだったイントラ、ジムカーナ大会でも活躍中のイントラ、ママさんイントラ・・・などなど。こんなインストラクター達がみなさまの上達のお手伝いをさせていただきます。では、レッスン会場でお会いいたしましょう。

名前 プロフィール
大庭 ひろみ
Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
NMCA少年少女モーターサイクルスポーツインストラクター資格所有。'89年より活動しているイントラ歴20年以上のベテラン。子供バイクスクールの指導経験も豊富。年に1度開催されるホンダインストラクター大会にチームマリより99、00年連続出場。愛車はCBR600F2。
植田 かおる

二輪車安全運転推進委員会特別指導員資格所有。
先導する後ろ姿は「さすが特別指導員」と思わせる風格があり、その姿に憧れる参加者も多い。外見が恐く見えるが、実はチームマリで1、2を争う天然ボケキャラ。しかも方向音痴&運動音痴らしい。ツーリングと講習会が大好きで、週末は様々な場所に出没。

藤木 直美

Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
'92年にインストラクターとして活動開始。二輪ジムカーナ主催者団体競技会(JAGE)公認B級選手。チームマリイチの理論派で、その指導方法はなるほど〜とうなずかせる。メンタルトレーニングにも精通。二児の母で産休期間もあったが、2005年から活動再開。

中村 若菜

一般公道での自損事故をきっかけにライディングスクールに通いだし、ジムカーナを始める。とても穏やかな性格でおっとりとした喋り方だが、二輪ジムカーナ主催者団体競技会(JAGE)公認 C1クラスで活躍した実力の持ち主。アドバイスは的確で受講生にも人気がある。愛車はNSR250&TYS125。

岡田 雅世

Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
'98年〜'02年までの5年間、チームマリのスクールに参加者として参加してきたが、'03年よりイントラ見習いを経て正式インストラクターとなる。メリハリあるしっかりした走りと対照的に、上品な笑顔、スラッとした体格、そして気品が漂う?雰囲気でニックネームは「マダム」。

池田 麻希子

Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
長年チームマリスクールに参加してきたが'05年5月よりチームマリインストラクターとなる。現在は二輪ジムカーナ主催者団体競技会(JAGE)C1クラスへの昇格を目指して奮闘中。

安藤 悦代
「いつかはハーレー!」と思い免許取得したが、マリ・ともに憧れレースの世界へ。'90-'92にチームマリよりSP125レディースクラスに参戦。平間と同様、BCL開催をきっかけにインストラクターに復帰する。「結婚・出産したら何も怖いものがなくなった」とのことで、サーキット走行も楽しんでおり、TMM、BCLイントラのほか事務局もこなす、マルチイントラ。
長野 雅子
Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
チームマリ元参加者で指導歴はなかったが熱心に勉強を続け、現在は初級〜上級クラスまで指導できるレベルに成長。二輪ジムカーナ主催者団体競技会(JAGE)公認C−1クラス。モタードレースの経験もある。とてもフレンドリーな性格で参加者から人気。
鹿倉 粒美

Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
'03年に免許取得、'05年にTMM受講生として初参加。'08年から1年間の見習い期間を経てインストラクターに昇格した。女性だけの国際組織WIMAの会員でもあり、最近では毎年海外ツーリングに行き、世界中の女性ライダーと交流している。愛車はホンダCBR600RR/Shadow750。

目代 遼

普通自動二輪教習指導員資格所有の、現役教習指導員。
'05年からTMMやBCLに受講生として参加し、サーキット走行に目覚める。'06年以降はミニバイク耐久レースなどに参加。愛車はホンダCB400。身長146cmの体格ながらも全く危なげないスムーズな走りは、小柄な受講生に絶大な安心感を与えている。

松本 佳織

'02年鈴鹿からチームマリインストラクター。関西にある某教習所での二輪指導員の経験が長く、特に初心者に対する教え方に定評がある。鈴鹿TMMを中心に活動中。愛車はホンダVFR800。

平間 純子
'91年よりチームマリに所属し、ロードレースに参戦する。同時にチームマリインストラクターとして活動。’97年にロードレースを引退し、インストラクター活動も休止する。BCL開催をきっかけに「やっぱりバイクは止められない!」とばかりに8年ぶりに復帰。親しみやすいキャラクターで、参加者とおしゃべり&世間話(!?)をするのが大好き。休日は、2人の子供とともに家族ぐるみでバイクライフを楽しんでいる。
芦崎 泰子
'87年RTKレディースに所属。筑波SP250レディスクラスに参戦。'90年からサンデーレースに夢中になり、'94年カスタムレーサー RZ250Rを作り優勝経験を持つ。現在も筑波サーキットを中心にレース活動を精力的に続けている。同じロードレーサーと結婚し「佐藤」となるが、誰もわからないので旧姓を名乗る。
中村 友紀

Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
'07年にTMM受講生として初参加。TMMのリピーターとして猛練習を重ね、見習いインストラスクターを経て、'09年よりチームマリインストラクターとなる。愛車は、トライアンフBONNEVILLE。現在、薬剤師になるために薬学部に在籍中。期待の若手インストラクターである。

矢吹 茂美

'99年よりチームマリのインストラクターとなる。30歳で二輪免許を取得した後すぐにジムカ―ナを始める。二輪ジムカーナ主催者団体競技会(JAGE)公認C1級選手。細やかな指導方法や「茂美コース」と呼ばれる独自のレイアウトが人気。'06から産休に入っていたが、2011年より復帰。愛車はZRX1100。

安達 広恵

’08年にTMM初参加。以来、もてぎTMM、埼玉TMMではレッスン参加率95%以上を維持し、’13年9月よりチームマリインストラクター見習いとしてスタート。おっとりとした容姿ながら内面は頑張り屋さん。人懐っこい笑顔は受講生の癒しキャラになりそうな予感だ。愛車はヤマハFZ6R。

木村 由紀代

'05年からTMM受講生として参加しスキルを上げ、'13年から見習いインストラクターとなる。現在ジムカーナに参戦中で、シードクラスに上がる事が目標。バイクに乗る事、整備と偽り分解する事、洗車する事が大好き。“考えすぎず思い立ったらすぐ行動!”が出来るように邁進中。愛車はホンダNSR250。

高野 由紀

'04年にTMM受講生として初参加。'06年から見習いインストラクターとしてスタート。指導歴のない高野は1年間みっちり見習いとして修行し、年末にフレッシュインストラクターに昇格。正規インストラクター昇格が期待されていた矢先、諸事情で暫く現場から遠のいていた。2011年より復帰。

堀井 直美

'97年からチームマリのインストラクターとして活躍。'01年から産休に入ったが、'05年に事務局スタッフとして復帰した。その後、現場を離れていたが、’10年から浜名湖会場でレギュラー事務局として参加。三児の母でもある。2011年よりイントラとしても復帰。

村松 由里

'03年よりチームマリインストラクターとなる。二輪ジムカーナ主催者団体競技会(JAGE)公認C1級選手。学生時代は競泳選手で、現在も水泳のインストラクターを時々行っているスポーツウーマンだが、一方で日本華道古流の師範免状を持つなどの一面も。’09年、5年ぶりに待望の産休復帰を果たした。

得納 明日美
兵庫県出身で主に関西方面で活動していた得納だが、現在は東京で活動。'98年よりチームマリのスクールにインストラクターとして参加。銀行員→二輪雑誌編集部員→主
婦、と面白い経歴をもつ。'03〜'07年の産休を経て'08年より復帰するが、第2子誕生により再度育休中。
上林 みさを

'91年に関東ロードレース選手権レディスクラスで年間チャンピオンとなり、その後'94年に国内A級に昇格、'95年に国際A級に昇格し全日本選手権参戦。'96年に引退。理論的で的確なアドバイスが人気となっている。もともとアルペンスキーの選手で、国体・全日本などの出場経験もあるが、大学入学後オートバイロードレースに転向。’09年までチームのHP管理を手がけていた。

中木 美由貴

ロードレース国際A級ライセンス、Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
'99年東日本チャレンジカップGP125クラスシリーズチャンピオン。'05年東日本チャレンジカップST600クラスランキング6位。'06年は全日本選手権GP125クラス参戦、2009年度はGP-MONOクラスランキング8位。2010年に現役を引退、結婚して「丸山」から「中木」に。

川島 知子

結婚後から本格的に全日本選手権に参戦。'83筑波全日本ロードレース選手権ランキング、国際B級125ランキング2位。'84年に国際A級に昇格。その後出産を経て'85、'86年に鈴鹿8時間耐久レースへ夫婦で参戦。ピットで授乳しながら耐久レースをしたのは、後にも先にも川島だけだろう。夫・健三郎とともにKENZSPORTSを運営中。3人娘の母。

今井 紀子

東京二輪車安全運転推進委員会指導員資格所有。
今まで培ってきた経験を役立てたいと、'02年よりチームマリインストラクターとなる。ダイナミックなライディングフォームから、ニックネームは「のりお」。現在はサーキット走行を楽しんでいる事が多い。

中村 あけみ

Hondaスポーツライディングスクール指導員資格所有。
二輪ジムカーナ主催者団体競技会(JAGE)公認ジムカーナA級、過去にA級まで昇格した女性は中村と五十嵐昭子しかいない。特に中村は大型排気量でのA級昇格で、女性であるハンディをものともしない実力の持ち主。愛車はZRX1200R。

榎本 ユリ子

チームマリスクールには’06年より参加。仲間とミニバイク耐久レースに参戦して楽しんでいる。三級二輪整備士の資格を持つが、3児の出産・育児に追われ、この10年整備とは無縁。愛車はYZF−R6。'07年見習いを経て'08年4月TMMよりフレッシュインストラクターとなる。

井上 由佳

'97年よりチームマリインストラクター。立て続けに2児出産のため長い産休だったが、’08年より復帰。関西にある某教習所で指導員をしていた経験があり、免許取得間もない受講生の気持ちがわかるインストラクターとして人気がある。

湯原 ゆりこ

チームマリのスクール参加者であったため「参加者のキモチが分かるイントラ」のひとり。ホンダイントラ大会の見学に来たりジムカーナを体験したり、非常に研究熱心。'01年から産休に入っていたが’05年鈴鹿TMMに、まずは事務局として復帰した。

大谷 朋枝

地元九州・大分では女性ライダーのクラブやスクールを企画・運営している。地元の利をいかし、九州でのマリ輪イベントはもちろん、2007年に初開催した飯塚TMOでも、九州のマリ輪会員さんをまとめるリーダー的存在として大活躍。



事務局員の紹介

名前 プロフィール
三好 章恵
’07年にTMM初受講。OL10年、花屋10年という経歴をもち、’12年9月よりチームマリ本部の事務スタッフの手伝いを始める。愛車(バリオス250)に乗ることからはやや遠ざかっているが、ずっとバイクに関わっていたい気持ちは人一倍! 楽しいキャラは、レッスン以外の場所で参加者を和ませている。
森山 優紀
’96年にTMMの前身である、ビューティライディング初受講。‘03年以降は出産・育児のため乗る機会は減ったが、チームマリで知り合ったバイク仲間との交流は続き、’13年に10年ぶりに受講。この参加をきっかけに、’14年からは事務局員としてスタート。女性ならではの細やかな気配りや明るい性格が持ち味だ。
菊谷 仁代子

40代目前に「新しいことにチャレンジしたい」とバイク免許取得を決意、都内某教習所における普通自動二輪免許教習生の最長教習時間を樹立。教官よりチームマリを紹介され、2003年4月よりTMM、BCLを合わせて60回以上参加。’10年よりチームマリのメンバーとして裏方業務を続けている。

御供 綾子

2004年にTMM初参加。これまでに、TMM9回、BCL3回の参加歴がある。2007年からは諸事情により、チームマリから離れていたが、2017年に事務局員としてスタート。埼玉会場近くに住んでいることから、埼玉TMMレギュラー事務局として奮闘中! 溌剌とした笑顔と元気さが持ち味。二児のお母さんでもある。



| TOP | レッスン内容 | 開催予定 | 申込方法 | 申込フォーム | お知らせ | クラブ案内 |イベント | クラブ申込み |
Copyrihgt (c)2010 TEAM MARI Co., Ltd. Japan All rights reserved.