2018年2月28日

2018年度のチームマリの新規活動方針について


こんにちは。チームマリ代表の井形ともです。
4月からスタートする、「インストラクター養成プログラムスタート」や、 「2018年度のTMM/BCLの開催日程情報」をお届けしてきました。順序が逆になりましたが、 チームマリの安全運転普及活動30周年を迎える今年を、チームマリとして、また、 井形ともとして、新しいチャレンジの一年にしていきたいと考えており、 今後のチームマリの活動方針をご報告させていただきます。

チームマリのスクールでは、いつも溌溂とした素敵な女性ライダーの皆さん、 一人一人に向き合っていますが、その数は年間400-500名に限られます。

ライディングスキルの向上は、皆さんの安全なバイクライフを支える大切なものであり、 今年もスクール活動はチームマリの活動の基盤としてしっかり女性ライダーを支えて 参りたいと思っていますが、今年からは、その活動に加え、私自身がもっと外に出て多くの 女性ライダーと交わり、バイクの楽しさを共有して広めていくアクションを 起こしていくことで、バイクの楽しさ、魅力を直にもっと多くの女性に 広めていきたいと思っております。

2018年度、チームマリは「バイクの魅力を女性に広め、一緒に楽しむ、 レディスライダーサポート企業」として以下の図のように、 スクールの他にも、女性同士でバイクを楽しむ機会を積極的にご提案して参ります。


マリ輪CLUBミニイベントの開催

気軽に参加でき、女性ライダーが楽しく集える場を提案します。 今春前半のプログラムとしては、4月15日の大阪南港でのマリ輪プチミーティングを皮切りに、 5月27日には関東でもプチミーティングを開催。その後も、色々なイベントを 折々に計画して参ります。
詳細は、開催案内をマリ輪ネットやチームマリFBでご案内します。

マリ輪CLUBレーシングサークルの結成

私自身のロードレーサーとしての経験を活かし、一般の女性ライダーに「サーキット」という非日常空間で、 モータースポーツの楽しさを味わう場を提供し、一緒にステップアップしくためのサークルを結成します。 ミニバイク走行会からミニバイク耐久レースへの参戦、また、自車両(小中〜大型排気量)で 走るスポーツライディングとしての楽しみ方など、サーキット走行をもっと身近に感じていただけるような道筋をご提案します。


女性ロードレーサーへの応援プログラム

全日本ロードレースJP250クラスに参戦する石井千優さんが、マリ輪CLUBに入会。同時に、彼女の全日本参戦にあたり 井形ともがアドバイザーに就任することが決定しました。皆で、石井さんをお応援し、ロードレースの楽しみ方を 広めていきたいと思います。

井形とも プライベートレッスン

ご要望があれば、プライベートレッスンや、出張ライテクアドバイスなどにも積極的に対応していきます。

女性インストラクター養成プログラム

バイクを楽しむ基本は、きちんとしたライディングテクニックの習得です。 女性の気持ちを理解した指導ができる人材の育成に、2018年度はより力を注ぎます。

DVDや書籍、チームグッズの制作・販売、女性向けバイクグッズの開発協力など


一昨年の年末、思いもよらず、FIM WOMAN LEGENDを受賞しました。 これから自分がしなければならない事、それは女性ライダーへのバイクの魅力の発信・普及だと思うに至っております。

2018年度、一人でも多くの女性ライダーとバイクの楽しさを分かち合って、チームマリと出会って良かった! と思っていただけるよう、そして、バイクに乗ってみたいと思う女性を増やしていきたいです。

個別の企画については、別途、詳しくマリ輪NetやチームマリFacebookで、一つずつお伝えしていきます。

どうか、皆さま、今後ともよろしくお願い致します。

チームマリ
井形とも
一覧へ戻る

| TOP | レッスン内容 | 開催予定 | 申込方法 | 申込フォーム | お知らせ | クラブ案内 |イベント | クラブ申込み |
Copyright (c)2000 LightDesign Inc. TEAM MARI Japan. All rights reserved.