ビューティライディング賞 受賞者紹介
ビューティライディング賞とは...

TEAM MARI モーターサイクル・レッスンの2daysコースに参加された方の中で
とりわけ顕著な上達をとげられ、きれいなライディングが出来るようになった方にお贈りする賞です

 受賞者の方には
チームマリからのBR賞の特別表彰状と、協賛企業からの賞品が授与されます

みなさんもビューティライディングをめざして、
BR賞をゲットすることを目標にレッスンに励んでくださいね!

賞品ご協賛企業:株式会社ブリヂストン、株式会社 S H O E I

12/17
-18
開催

TMM
鈴鹿
上級
クラス
M.K
さん

[ご本人のコメント]

BR賞ありがとうございます! 大変光栄です!
今回レッスンで少しずつ自由に操作出来るようになってきたかもと思っていたので、うれしいです。
何度かの参加で少し出来て調子乗ったり、出来なくてヘコんだり三歩進んで二歩?三歩?下がる…が続き 「とりあえず走れるし、このくらいでもいいんじゃない〜」と若干開き直り気味。 でもこれではイカン!と思い今回目標を「もう色々考えるより楽しく走れるようになろう!」にしました。 それがほどよく力みが抜け身体が動いた気がします。
すぐに出来なくても練習したことは蓄積して次に繋がっていくんだなと思います。 もっとたくさん練習していろんなことが出来るようになりたいです! そしてソロツーリング先でちょっと自信のない場所も“マリで出来たことは必ず出来る” の心持ちで楽しく走ってどんどん挑戦して行きます。
またBR賞をもらえるようにがんばります!

[今回の賞品]
ブリヂストン
ポケッタブルリュック

SHOEI
キャップ・Tシャツ

10/22
-23
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
M.H
さん

[ご本人のコメント]

今回はBR賞を頂戴しありがとうございます。
 参加数日前に体調を崩し、万全の状態で、万全の状態で参加に不安がありました。 しんどくなって1DAYでギブアップもあるかもしれないと思いながらの参加でした。 いつもなら、アクセルを開けて、メリハリをつけて・・・と考えるあまり力がはいり、 ハンドルにしがみついて走行する癖がありました。
 今回は無理をしないで、いろいろな操作や動作を意識しながらゆったり走りました。 また、イントラの方々の走行をよく見て、音をよく聞いてイメージしながら走りました。 そうしているうちに、長年の課題だったリア荷重が、「あっこれかも?」 と感じることができました。前や後ろを走っていただいたり、タンデムしていただいたり、 丁寧で的確なアドバイスをいただいたりしたおかげだと感謝しております。
 まだまだ課題は山積みですが、今後もレッスンを積み重ね、ひとつずつ会得したいと思っています。 ビューティライディングをめざして・・・。

[今回の賞品]
ブリヂストン
ポケッタブルリュック

SHOEI
キャップ・Tシャツ

7/16
-17
開催

TMM
もてぎ
中上級
クラス
T.M
さん

[ご本人のコメント]

ゴールド会員となり数年経過していますが、レッスン参加45回目にして今回の受賞となりました。 今まで大きな事故もなくここまでこれたのは、運もありますが、マリ輪イントラの皆様の指導の おかげと感謝しています。以前マリさんが「安全はお金を払って身につけるもの」と言っていました。 レッスンに参加するごとにその言葉の意味がわかってきました。レッスンでスキルアップを図ること はもちろんですが、現在のレベルを落とさないように維持することは安全運転につながります。 レッスンに参加して繰り返し安全スキルを学び、マリメンバー達と情報交換することはとても 有意義な事ですね。ちなみに、皆さんもそうだと思いますが、レッスン終了後の毎回の おやつも楽しみの一つですね。一度も同じ物がでたことはなく、事務局のおやつへのこだわりを感じました。 今後もマリ輪メンバーとして自覚を持ち、安全運転を心がけたいと思います。 今回の受賞をきっかけに、レッスン中の雑念を捨て、ガツガツともっと貪欲にレッスンに 取り組もうと思います。マリさん、ともさん、イントラの皆様、マリ輪メンバーの皆様、 今後ともヨロシクお願い致します。

[今回の賞品]
ブリヂストン
ポケッタブルリュック

BSキャップ

ワイピングクロス

6/4
-5
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
K.D
さん

[ご本人のコメント]

この度はすばらしい賞をありがとうございます。私が初めて鈴鹿のスクールに参加したのは、 バイクの免許とりたての2009年3月でした。当初、免許は取ったものの、公道を走るというより、 バイクを走らせることもままならずといった具合で、このままでは駄目だということで、 旦那にスクールに放り込まれたといった有様の嫌々での参加でした。 しかし、スクールを終えて帰るときは私でも乗れるかもという自信と勇気を頂き、 その後初めて琵琶湖西周辺へのツーリングに行くことが出来ました。 もっと上手になりたいという気持ちが高まり、嫌々だったスクールもたくさんの バイク仲間に会えることや、少しでも上達出来る嬉しさ楽しさなどで 自分からすすんで参加するようになりました。
スクールを終えたときの心地よい疲労感や普通では走れないサーキット走行体験が出来る優越感など、 これまでの自分になかった生活へ潤いを感じることが出来、 しかも公道を走る為の安全技術も手に入れられるなど素晴らしいスクールだと思っています。 今回BR賞をいただき、私のようなまだまだ未熟な者が頂くのには勿体無い限りですが、 この賞に恥じないライディング技術をこれからもっと磨きたいと思っています。
現在、あまり乗らないことを理由にバイクを手放してしまってますが、 また再び自分のバイクを手に入れて、いろいろなところへツーリングに行きたいという希望に満ちています。

[今回の賞品]
ブリヂストン
ポケッタブルリュック

BSキャップ

ワイピングクロス

12/19
-20
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
R.M
さん

[ご本人のコメント]

バイクってすごい! めちゃすごい! バイクってすごい乗り物だぁ!  初めてタンデムでワインディングを走った時に、今までないくらい感動しました。
それからタンデムで何万キロと乗っていた私は、すっかり気分は同じように運転できる、ちょ〜勘違いモード。 免許も簡単に取れると思っていました。「そう思うなら免許取ってみたら」の旦那さんの言葉に、 はりきって教習所へ行ったら、これまた感動した時と同じくらいの衝撃。あまりの下手さにがっかり。 自分が運転するバイクはとても同じ乗り物とは思えない。こんなに乗り手で差が出る乗り物だなんて思ってもみませんでした。 これで免許もらえるなんて怖すぎる。それがスクールに通うきっかけになりました。
今回頂いた賞状の最後に「安全で楽しいバイクライフを謳歌してください」とあります。 そのレベルに一歩近づけたのかなぁとうれしくなりました。
マリのレッスンの魅力はきめ細かな丁寧な指導だけでなく、素敵な友人にもめぐりあえます。 同じ悩みを持った同じ趣味の仲間がいるのです。仲良くなれないはずがありません。 さらに、明るく親切な事務局の皆さん。他のスクールにはない2daysのレッスン!これまた魅力の一つです。 どこかよいレッスンないかなぁとお悩みの方、是非参加してみてください。 今回、このような賞をいただく機会を与えていただいた、ともさんを始め、事務局の皆様、 イントラの皆様、会員の皆様、マリを薦めてくれた旦那さんに感謝したいと思います。

[今回の賞品]
SHOEI
ヘルメットバッグ

11/3
開催

TMO
つくば
カップルズ
中上級
クラス
C.N
さん

Y.N
さん

[ご本人のコメント]

FBでTMOカップルズの案内を見て、行ってみたいなと思ったものの、依然の苦い思い出が頭を掠め躊躇していたところ、彼の 「行かないの?」という一言で参加を決めました。
広ーいコースにたくさんのバイロンが並んでいて、気持ち良い〜。 さぁいっぱい走るぞ〜!!
微妙な傾斜にビクビクモードでスタートしましたが、 走りだしてからは自分の課題を意識しながら楽しく走れました。 相方の前後を走るという課題もあり、いつも彼の後を走っているのでちょっと新鮮。 「いつもよりしっかり走れているよ」という彼の言葉ににっこり。
ですが、最後にイントラさんから課題を頂き、またまた落込み気味…。でも以前と違って、 アドバイスを理解できるようにはなったので、少しは成長できたかな?
彼もいつもと違う視点からのアドバイスを頂き、良いきっかけになったととても喜んでいます。
最後にうれしいご褒美も待っていました。こ〜んな素敵な賞をいただけるなんて最高の1日でした。
汗をかきかきの指導、走り回ってたくさん写真撮影、ほんとにありがとうございました。



[今回の賞品]
RK
Tシャツ

キャップ

軍手
セット

10/17
-18
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
K.T
さん

[ご本人のコメント]

初めての参加は、2003年だと思っていましたが、アドバイスシートを見返したら出てきました。 ‘99年物が…。かれこれ16年です(^^♪
スクール参加は不定期で、しっかり走れるようになったかと思ったら、期間が空いてまたダメになったりの 繰り返しでした。
公道やツーリングでは、普通に走れているつもり(自我ですが)でしたが、 スクールではなぜか変な力が入り、ガチガチになってしまい、細かいコースに四苦八苦。 考えすぎて余計ギクシャクしてしまっていました。こんな私がBR賞をいただけるとは 思ってもいませんでした。これも、これもいつも同じ課題となってしまう私に 、詳しくアドバイスをしてもらったおかげです。成長していく友人達を見ながら 「いつかは自分も!」と奮起したのを思い出しました。まだまだ課題だらけですが、 楽しくスキルアップできるようにしたいと思います。これからもよろしくお願いします。

[今回の賞品]
ブリヂストン
キャップ・タオル・
タンブラーセット

7/18
開催

TMO
つくば
カップルズ
初中級
クラス
C.K
さん

S.K
さん

[ご本人のコメント]

台風の影響で当日まで参加を悩んでいた、カップルズ。ちょっと不安げな主人とワクワクの私。 いざ、出撃! いつも主人の後ろにくっついて、何となく走っていただけの私が、初めて、一人で高速に乗り、 出かけた先は、BCLの会場であるこの筑波。私以上に不安そうな顔の主人に見送られて参加したのが、1年前かぁ・・・。
そんな事を思いながらの閉講式でともさんから、ベストカップルズ賞の名前を呼ばれたので、あの時の事が一気に甦り、思わず涙腺がゆるんじゃいました(笑)ホントにびっくり! カップルズという名前の通り、お互いに前を走ったり、後ろについたりして「今のラインはちょっと甘いね〜」 とか「良い感じ!」とインカムで声を掛け合いながらのレッスンはいつものお出かけツーとは違う大きな収穫となりました。 主人もかなり満足の様子でした。岡田イントラにお褒めの言葉を頂いた事も、今までのレッスンの成果を主人に見て もらえた事も加えて、楽しく充実したレッスンでした。毎回、斬新なプログラムにドキドキですが、 またスキルアップ出来る様参加したいです。本当にありがとうございました!チームマリ最高〜!


[今回の賞品]
SHOEI
Tシャツ

BS
キャップ

2/21
-22
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
Y.M
さん

[ご本人のコメント]

2年半前、初めて参加した浜名湖1day、その次は鈴鹿2daysでした。
長いブランクの後、大型二輪を取ってリターンし、憧れのバイクを手に入れルンルン♪ までは良かったのですが、扱い切れず逆に恐怖を感じました。
「ヤバい物買っちゃった、このままでは事故る…」と感じ、その後チームマリに出会い、門を叩きました。 あの頃は気持ちが空回りして、まともに走れなかった自分に漠然と「5年後の私は、Aクラスの人達みたいに 走れるようになっているんだろうか…」と考えたのを思い出します。
TMMに参加して感じたのは、インストラクターの皆さんやマリ仲間からのアドバイスは、 言葉も、走る姿も、まるでパズルのピースだなってこと。形も大きさもバラバラで、 最初何を意味するのか分からなくても、ひろい集めて試行錯誤していくと何かのきっかけで パチッとはまる。一か所はまると、それが次のピースのヒントになる。そしてどんどんピースが はまっていくと、おぼろげに何かが見えてくる。見えてくると、次、次、もっともっと!って、 楽しくなる♪
今回のBR賞は、そんなパズルピースから見え始めたものに対して頂けたんじゃないかって思います。 コツコツ積み重ねることでもっと形に、大きな絵になる可能性の証なのかな?とも。 これからも自分の中のポテンシャルを信じて、ピースをたくさん集めて、素敵な作品を作れるよう レッスンを続けていきたいと思います。
最後に、私をチームマリに引き合わせてくれたA先輩に心からの御礼と、 チャーミングなインストラクター&マリ輪たちに最高の感謝を!

[今回の賞品]
SHOEI
キャップ・Tシャツ・
ツールセット

11/1
-2
開催

TMM
もてぎ
中上級
クラス
H.W
さん

[ご本人のコメント]

バイクを乗りこなすかっこいい女性に憧れて教習所へ。 クラッチって何? シフトチェンジって? AT免許限定だった私はそこからでした。
ブレーキを何度も折ってやっと卒業しても、1人で走るのがとても怖く、納車初日の車庫までの夜の走行や、 翌日の箱根ツーリングでの急な坂道、駐車場に入れる時は、一旦止まって代わってもらう始末。 このままではペーパーライダーになると思い、チームマリに申込みました。
初参加の鈴鹿では、バイクの点検方法や取り回し、乗車姿勢など細かい指導の全てが目からウロコ。 バイクについて知りたい、色々な車両に乗ってみたい!と思った2日間でした。
「普通に公道で乗れればいいかな〜?」から、Aチームのコース走行を間近で見て、 「いつかあんな走りをしてみたい」と思うようになり、アドバイスシートの見直し、コースの書き出し、 感覚を忘れないうちに参加しよう!と、私もたくさん突っ走ってきました。
少しずつ恐怖から楽しいに変わり、タンデムでコース走行がわくわくするようになったとき、 課題を楽しめるようになったとき、成長したかな?続けてよかったな!と思う瞬間です。
バイクは移動するだけじゃなく奥深いもの。安全に楽しむことやたくさんのことを根気よく指導してくださった イントラの皆様、様々な相談に乗ってくれた笑顔で楽しい事務局の方々、パワフルでかっこいい先輩方、 素敵なBR賞ありがとうございました!
いつかAチームの走りを見て、私もと思ってもらえるようなビューティーな走りをもっと目指していきたいです。

[今回の賞品]
SHOEI
ヘルメットバッグ

9/27
-28
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
Y.K
さん

[ご本人のコメント]

5年前、現車両に乗り換えた事が縁でマスツーに出かけるように。ところがコーナーになるとカメにも劣る速度。 文句を言う方は誰一人としていませんが、迷惑をかける自分が嫌で「スクール」に行く事を決意し近場のライスクへ。 その時参加されていた女性ライダーの話しする声の中、「マリ」の一声が聞こえたのがTMM参加のきっかけでした。 鈴鹿まで一人で行けるかな?大丈夫かな?不安に思いながらも思い切って「15年(当時)と免許歴は長いですけど、 スキルが無くて・・・」と電話相談。対応頂いたイントラさんの安心感のある声で参加を決意したのが3年前。 参加してみると、自分と同じ思いを持つ方がいらっしゃることにとても勇気づけられました。 6度目の今回、「あ、今回は上手く回れた!」「ちょっとラインがつかめた!」と自分を褒める余裕ができる程。
ワインディングが大嫌いだった私。本当に沢山のライディングのコツを教えてもらい、 今では走ることがとても楽しいと思えるようになりました。 しっかり、じっくり私を見てもらっていて的確なアドバイスを頂ける。そんなマリは凄い!! これからも素敵なライダー目指して頑張ります♪

[今回の賞品]
ブリヂストン
Tシャツ・タオル
キャンピングトート

6/7
-8
開催

TMM
鈴鹿
上級
クラス
M.H
さん

[ご本人のコメント]

初参加は14年程前。当初は、練習が楽しくて楽しくて。それが大型に乗り換えた頃から、自分の出来なさ加減に嫌気がさし、 また自車でなければ意味がないと思い、練習をやめてしまった時期があります。でも、このままではいけない!  一念発起して250から再スタート。小さい車両で出来ない事は大型でも出来ないと思ったからです。 それからは、年に1回必ず参加し練習してきました。ですが、受賞の折、ともさんが仰った通り、 全く上達しませんでした。もう自分は無理なんだと、正直諦めていました。長く乗っていくために必要な 安全走行を確認しよう、そう思い参加していました。それが今回のレッスンで、いきなり目の前が開けた。 今まで私は寝てたのか?そう思う位、劇的な変化でした。

人は1回で出来る事が、100回やっても出来ない私。 そんな私を見捨てずご指導下さったイントラ様方。他のスクールにも参加しますが、やっぱりマリは凄い!
TMMは凄いなぁ!

私の頂いたBR賞は『バリバリ(B)練習(R)しま賞』
やっとやっと開けた目の前の道、これからも進んで行きます。
ありがとうございました。

[今回の賞品]
SHOEI
キャップ・Tシャツ・
ツールセット(ポーチ付)

3/22
-23
開催

TMM
鈴鹿
上級
クラス
S.Y
さん

[ご本人のコメント]

公道デビュー初日、カーブで曲がりきれずにガードレールに激突。恐怖から一旦はバイクを 諦めましたが、結婚後、夫の運転する姿に憧れて再挑戦を決意。とは言うものの、バイクに乗ろうと すると、怖くて手足が震え、冷や汗が噴き出て数キロもまともに走れない状態でした。

怖いから走れない、走れないから下手、下手だから怖い…そんな悪循環に陥った私を 救ってくれたのが、2012年から参加し始めたTMMでした。転んでもイントラや仲間が必ず 助けてくれる。パイロンを吹っ飛ばしても「ドンマイ」と笑顔で迎えてくれる。悩んだ時は イントラが的確なアドバイスをくれるし、どんなに初歩的な疑問でも、バカにする仲間は一人 もいない。そういう環境だからこそ、2013年6月の出産から数ヶ月で復帰を実現できたし、 バイクへの恐怖も薄れ、楽しみながら新しい技に挑戦することができるようになりました。

BR賞はゴールではない…その言葉の意味が今ではよく解ります。まだまだ未熟な私ですが、 いつか「あんなちびっ子がバイクに乗れるなら…私だって!」と誰かに勇気を与えられる 存在になりたいです。

今回の受賞は、素敵すぎるイントラの方々、気配り上手な事務局の方々、 最高のマリ輪仲間達、そして私の憧れのライダーである夫と生後9ヶ月の娘のおかげです。 心から感謝しています。
ありがとうございました!

[今回の賞品]
ブリヂストン
Tシャツ・タオル
キャンピングトート

12/7
-8
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
Y.U
さん

[ご本人のコメント]

いつか乗りたいと思っていた二輪。いつかなんて言っていられない年齢となり、3年前の11月から教習所に通い、 中免12月24日・大型2月14日の交付日が自らのプレゼントとなりました。

4月の納車翌日に息子が心配する中“大丈夫”と跨ったもののバランスを崩し立ちごけ。 修理をして1か月後に 今度は自宅を出て停止後の右折でまたもや立ちごけ、心も懐も冷え切ってしまいました。

1年少々の朝練から抜け出せず、このままではム〜リ〜とマリリンに参加し、初日に「必ず乗れるようになります」と 励まして戴きました。その年は全会場制覇を目標(?)にするなどレッスンに励み、いつかAクラスの方やインストラクターの 方々のように走りたいとデモンストレーション走行の進路妨害をする熱心さ。
そのBクラスの私が・・・憧れのビューティライディング賞を戴けるとは・・・思ってもいませんでした。

今年は会報にも載せて頂いたり、下見で参加した(車)マリミーで同室だった方のお蔭で高速 デビューを果たせたり、幸せな一年の締め括りにこのような賞を戴けて、 還暦の最高のプレゼントになりました。 本当に有難う御座いました。

これからも、本当にビューティライディング賞に相応しい走りが出来るようキャリアを積み、マリミーに参加!を 目標に頑張ります。

[今回の賞品]
SHOEI
ヘルメットバッグ

10/26
-27
開催

TMM
鈴鹿
上級
クラス
R.H
さん

[ご本人のコメント]

憧れていた、スーパースポーツタイプ1000ccのバイクを3年前に購入。乗車してみると、 パワーに負けてヨタヨタ、視界が狭くてオドオド。これではいけないと、レッスンに通うことにしました。

チームマリのレッスンに通ってみて良かったところは、
1.女性だけなので、あおられる事もなく、無理なく自分のペースで走れる。
2.インストラクターも女性なので、足が届かない、手が小さいなどの悩みに適切なアドバイスがもらえる。
3.たくさんの素敵な女性ライダーに会える。などなど

2年前、『友達もいないし大丈夫かしら。』と思ってひとり参加しましたが、たくさんの人が喋りかけてきてくれて、 不安も吹っ飛び、リラックス。のはずでしたが、自車両参加1日目の朝、いきなりコケました。(不安もバイクも吹っ飛んだ!!)

あれから2年。たくさんのライディングのコツを教えてもらい、また走ることが楽しくなりつつある今日このごろ。 最近は、服装や装備などの情報・バイク談義ができる仲間ができ、それも楽しみの1つです。 今回はBR賞をいただきありがとうございました。

Aチームではかっこよく走っている方がたくさんおられ、いつも見惚れてしまいます。 私も、『スペシャル・ビューティライディング!!』になれるよう、これからも頑張ります。

[今回の賞品]
SHOEI
キャップ・Tシャツ・
ツールセット(ポーチ付)

10/12
-13
開催

TMM
もてぎ
中上級
クラス
I.S
さん

[ご本人のコメント]

免許は取れたものの「このまま公道を走るのは危険すぎる!」と感じ、「普通に走れる」ようになる為に受講し 始めました。何度か受講しても上達した感じを得られず悩んでいた時にマリさんから 「3年くらいやればAクラスになれる」と言葉をいただき、こんな私でも?と思いつつ受講を重ね、 予言通りAクラスで走れるようになりました。そし今回、TMM25回目、2days初参加のもてぎで、 憧れのBR賞をいただくことが出来ました。夢みたいです。ありがとうございました。

バイクで公道を走り始めて6年半、初めての頃は暑い寒いも感じないほど余裕がありませんでしたが、 ようやく風を自然を感じ、心地よくバイクを楽しめるまでになりました。

これからもインストラクターの皆さんのキメ細やかな指導、和やかな雰囲気、 そして受講生の輪に支えられながら「もっとビューティライディング」を目指します!

[今回の賞品]
ブリヂストン
キャンピングトート
Tシャツ・タオル

3/23
-24
開催

TMM
鈴鹿
中級
クラス
K.O
さん

[ご本人のコメント]

マリ輪デビューがちょうど3年前の鈴鹿、記念すべき3周年をビューティライディング賞で飾っていただいて感謝感激です。

私には目標があります。夢ではなく、実現可能な目標です。それは、後期高齢者になるまでバイクを続けること --あと20年あります。その目標を実現するために何が必要か、私は1.判断力、2.体力、3.安全を確保する技術、 だと思っています。

私がマリ輪ンクラブに参加した第一の理由は、上記の1と3についてきちんと学び、身につけることでした。

ツーリングとマリリンのレッスンを続けて3年目の今、自惚れを恐れずに言うならば、かなり体に染みついて きていると思います。2の体力も重要です。受賞できたのも、実は最近、ジョギングをしているからかもしれません。 走ると腹筋も背筋も鍛えられます。今回のレッスンでは加速とブレーキの体づかいを特に意識しましたが、 それができたのも筋肉がついたおかげかも。

とはいえ、バイクは修行ではなく、楽しむもの。直線パイロンなど、まだまだ上級の方々の 華麗な動きには遠く及びませんが、もっともっと恰好よく走り抜けることができるようになりたいです。

ありがとうございました!

[今回の賞品]
SHOEI
キャップ・Tシャツ・
ツールセット(ポーチ付)

12/8
-9
開催

TMM
鈴鹿
上級
クラス
A.I
さん

[ご本人のコメント]

今回はBR賞を頂きありがとうございました。BR賞は以前もらったことがあり、2度目はないだろうと思っていたので、とても嬉しったです。

1度目は初参加の時で、何と1996年9月開催の時でした。あれから16年…。初参加時は「どうしようか…」とともさんに心配されていたらしいです。 私も立ちゴケばかりしていたイメージばかりで、ちゃんと走れるようになるんだろうかと思っていました。

でも最近は、少しはキレイに走れるようになってきたかなと思えるようになってきました。これもいつも熱心に 指導してくださるイントラさん達のおかげです。

今では、レッスンもですが、スクールに参加して皆でワイワイするのもとても楽しみになっています。 これからも「キレイな走り」を目指して頑張りたいと思います!

[今回の賞品]
SHOEI
ヘルメットバッグ

9/29
-30
開催

TMM
鈴鹿
上級
クラス
K.S
さん

[ご本人のコメント]

今回の鈴鹿レッスンは、「GOGO 55歳!」の記念すべきレッスンになりました。“ビューティライディング賞の受賞”そして“台風襲来”。
来年はバイクに乗って10年となります。まだ10年。されど10年。バイクに乗りきれないイライラと共に、あっという間に齢を重ねて参りました。 チームマリの誠実さと温かさに満ちたレッスンに励まされ、私は折れずにここまで成長することができました。 毎回ゆっくりだけど、一つずつ丁寧に学びました。今回はグリップ、今回はリアブレーキ、今回は乗車姿勢、という具合に。 そして、それらが繋がって、やっと、バイクに乗っているという感覚をつかむことができました。永かった。

BR賞は憧れであり、一つの目標でした。でも、BR賞はテクニック面にだけ贈られるものではないと私は思っています。 最優先すべきは安全運転。テクニックはそのための一つの手段。安全運転とは「心・技・体」が整った、 総合的なものの上に成り立つものと考えます。心=「道交法の順守・マナー・笑顔」、技=「運転技術の習得」、 体=「ライダーとバイクの健康」です。

ここからが本当のスタートですね。課題はまだまだいっぱい! 諸先輩を見習い、チームマリの一員としてふさわしい女性 ライダーになれるよう更に精進します。これからもエイジレスで頑張ります! 本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

[今回の賞品]
SHOEI
ヘルメットバッグ

3/24
-25
開催

TMM
鈴鹿
上級
クラス
M.O
さん

[ご本人のコメント]

憧れのマシンは1250cc、245kg。「命が惜しかったら小さいのから乗れ」ライダーである職場の上司にダメ出しされた。払拭するために行ったスクールでは、 後ろから煽られ、同じ参加者から怒鳴られた。乗れるようになりたいのに乗れない―”モドカシイオモイ”をどうすることもできないまま、 駐車場での「コソ練」を繰り返し、やっとの思いで挑んだ2010年12月、TMM鈴鹿初参加。

そこに「門」や「敷居」は存在しなかった。 身体全体で教えてくれるイントラさんと、上達するために努力を惜しまない同士がいた。 「乗りたいバイクに乗る」こと、その気持ちが向上心につながること。レッスン中のアドバイスは勿論、それが終わってから届くアドバイスシートは、 私の宝物になっていった。

お気に入りのマシンに乗って思いきり風を切りたい。知らない遠くの街に行きたい。そんな思いを一つひとつ叶えられているのは、言わずもがな、―みなさまのおかげ―BR賞もそのワンシーン。ありがとうございました。

[今回の賞品]
SHOEIヘルメット
X-11 KIYONARI

12/10
-11
開催

TMM
鈴鹿
中級
クラス
A.K
さん

[ご本人のコメント]

2009年3月に初参加した時の私は、小型限定免許にやっと合格したばかりで、レッスンには全く付いていけず、 当時をご存知のイントラの方が「チームマリ史上に残る酷さ」とおっしゃるほどの大変なヘタクソでした。 体力、技術、経験etc…何もかも足りない私ですが、"楽しんで努力できる"という取柄だけを武器に、 少しずつ練習を積み重ねてきました。まだまだ練習が必要な私には、BR賞はもったいなく感じます。 けれど、歩んだ道のりを振り返った時、ここまで指導してくださった方々や、励まし続けてくださった マリ輪仲間への感謝の賞でもあると気付き、ありがたく頂く気持ちになれました。
ともさんは日頃から「"どんな人"でも練習すれば必ず上達できる」とおっしゃっていますが、それは"どんな人"でも受け入れ、 辛抱強くあたたかく見守って下さるチームマリの雰囲気があってこそ、実現することだと思います。本当にありがとうございました。 そして、これからもよろしくお願い致します。

[今回の賞品]
SHOEIヘルメット
MULTITEC

10/1
-2
開催

TMM
鈴鹿
中上級
クラス
C.F
さん

[ご本人のコメント]

免許取得後、一般道に出ると「こんな走りでいいの?」と不安ばかり。そんな時、入会したツーリングクラブでご一緒した素敵な女子ライダーが「私、ライスクに行っている」と一言。卒業後にスクール?  私には目からうろこの台詞で、ネットで探しました。そして、チームマリにたどり着きました。スタッフも参加者も女子・・・  気持ちが軽くなりました。「人見知りの私でも、やっていけるかもしれない」という不安は、取り越し苦労でした。年齢を超えたスタッフ・イントラや仲間の言葉に、姿に、仮装に(?)、毎回励まされ、一歩進んで二歩下がったりして落ち込む私も頑張れました。

継続は力なり。回数を重ねるごとに、少しずつ前進できたと思います。安全に、楽しく充実したバイクライフを送るため、今後もレッスンを続けていきたいと思います。夢であり、目標であったBR賞は、これからビューティになるための第一歩、糧になりました。ありがとうございます。

[今回の賞品]
SHOEIヘルメット
X-9 PHASE

03/26
-27
開催

TMM
鈴鹿
Aクラス
J.S
さん

[ご本人のコメント]

免許取得後9カ月目の2006年3月に初参加しました。緊張や不安や、わかない事だらけの受講。でも先生も生徒も女性だけの環境だったので、すぐに笑顔になれました。
いまさら?的な恥ずかしい質問ができる環境が、本当に助かります。ただただ上級者のレッスンを「憧れ・羨望・感動」いっぱいで見ていました。夢のサーキット走行では、目の前の(朝日)に言葉にできないくらいの感動を。レッスン中は“頭ではわかっているのに上手くできない自分”に、落ち込む事も多々。そんな中、的確なアドバイスを頂き、タンデム走行をしてもらい、思い通りに操作できた時の嬉しさは最高でした。

これからも課題・目標を持ちながらスキルアップを目指したいと思います。安全に楽しく、まだまだ何年も「ライダー」でいられる為に! マリは私にとって大切な「学び・癒し・出会い・笑顔」まさしく宝物です。本当に有難うございました・・・そして、これからも宜しくお願いします。

[今回の賞品]
SHOEIヘルメット
X-9 PHASE

12/18
-19
開催

TMM
鈴鹿
Aクラス
E.T
さん

[ご本人のコメント]

鈴鹿へは免許取りたての頃に参加して以来、9年ぶりの参加でした。そこでまさかのBR賞! 本人が一番驚いています。
今までどれだけスクールに参加してきたか。その間にどれだけの事があったか。スランプに陥る度に励まして頂いて、ここまで続けてこられたのだと思います。
レンタル車から自車での参加、そして一年前からはCB1300での練習を続けてきました。初心者の頃、あんなに大きくて重たいバイクなんて絶対無理!と思っていたのに、まさかそのCB1300でBR賞を戴けるなんて。
継続は力なり。成長は螺旋階段。スキルアップに卒業無し。そんな事を胸に、安全に、そして美しく、いつまでもバイクライフを楽しんでいきたいと思います。

だってバイクが大好きなんですもの。

[今回の賞品]
SHOEIヘルメット
X-9 SATURN

10/2
-3
開催

TMM
鈴鹿
Aクラス
T.H
さん

[ご本人のコメント]
へっぴり腰のペーパーライダーとして初参加してから4年半・・・やっとここまできたかな、という感じです。未だに受賞が信じられないのですが、これまで努力してきたことが認められたのだと素直に喜びたいです。できないことはできないことと自分自身で認識し、新たな課題・次回への約束としてつなげていけたら最高です。
毎回課題を持って練習に臨んでいるのですが、克服できる回があれば、課題が増えるばかりの回もあり、様々でした。首をひねりながら、時には背中に哀愁を漂わせたりもしてきましたが、いつも親身になってくれ一緒に笑ってくれる仲間とイントラさんたちの温かい気持ちに包まれて克服してきました。参加を重ねるたびに、懐かしい友と会う同窓会のような気持ちでいっぱい! 素晴らしい出会い・縁に感謝、感謝。
今回の賞に慢心することなく、これからも向上心を持って、謙虚に精進していきたいと思います! 長くバイクライフを楽しめるように。


[今回の賞品]
SHOEIヘルメットバッグ
3/27
-28
開催

TMM
鈴鹿
Bクラス
R.F
さん

[ご本人のコメント]
私が住んでいる長野はバイクに乗れない時期が長いので、できる限りTMMに参加して走り込みたいという気持ちから、参加回数を重ねてきました。
参加の際に一番大事に考えてきたことは、自信をつけることです。いつも自分に自信がなく、「これでいいのかな?」とクエスチョンマークがついたままで走っていました。もっと自信をもって走れたら…と思っていました。
鈴鹿TMMの2daysはパーティがあり、参加者同士ゆっくり話をする時間があるせいか、とても和やかな雰囲気で練習ができます。広いコースでのびのび有意義な練習ができたおかげで、ビューティライディング賞を頂くことができたのだと思います。実は、「ビューティライディング賞はAクラスの人がもらうもの」と思い込んでいたので、Bクラスの私は完全に他人事で、受賞者として名前を呼ばれた時は動揺していました。
今回の受賞は本当に嬉しいです。これからは、自信をもって走りたいと思います。


[今回の賞品]
ブリヂストンのトートバッグ
12/19
-29
開催

TMM
鈴鹿
Aクラス
C.W
さん

[ご本人のコメント]
私には縁がないと思っていたビューティライディング賞をいただいて、とても嬉しいです。主人に話したら「史上最年長で、関取に昇進した力士のようだね」と言って喜んでくれました。
初参加は10年前で、今回で26回目の参加になります。今年3月の鈴鹿に何年ぶりかで参加した際は、緊張と不安な気持ちを抱えていたのですが、イントラの皆さんに優しく教えていただいて、またバイクの楽しさがわかり、ツーリングにも行けるようになりました。3月以降、回を重ねる事にリズムが掴めるようになり、リラックスして乗ることができてきたとは感じていました。今年はNHKのバイク関連の番組に出演を依頼される等、サプライズの多い年でしたが、年末にこんなサプライズが待っていると思いませんでした。
これに満足することなく、次回は750ccで更なるスキルアップを目指して頑張ります。マリさん、ともさん、イントラの皆さん、有り難うございました。


[今回の賞品]
SHOEI ヘルメットバッグ
9/26
-27
開催

TMM
鈴鹿
Aクラス
M.H
さん

[ご本人のコメント]
初参加した時からずっと「いつかは私も!」と思っていた憧れの賞ですが、スキルアップが足踏み(時には逆戻り)したり、腱鞘炎になって参加できない期間が約1年あったりしたので、「私には縁のないモノ」と思っていました。それだけに本当に嬉しいです!
受賞につながった要因は、前回の7月浜名湖1dayでわかりかけた事を忘れておらず、覚えていた事から継続して練習を始められたことによります。さらに今回は2daysのため、二日間キッチリ走り込みできたのでスキルアップできたのだと思います。
乗れなくて凹んでいる時に色々と表現を変えてアドバイスをくれたイントラの皆さん、自分のことのように励ましてくれた参加者のみんなのお陰で、今年の夏以降は頑張って乗る事ができました。周りの人たちへ、感謝の気持ちで一杯です。
憧れのBR賞をもらえたことは、今後の課題への励みになります。ありがとうございました!!


[今回の賞品]
ブリヂストン Tシャツ

Tシャツは、「風」の漢字のロゴをメインとしたデザインで、毛筆で、駆け抜ける感じを出しております。
タイヤパターンデザインは、BT021です。
3/21
-22
開催

TMM
鈴鹿
Aクラス
K.T
さん

[ご本人のコメント]
ペーパーライダーだった初参加から数えて、今回で3周年となりました。憧れだったBR賞をいただき、とても感動しています。2dayはじっくりと取り組む事ができるので、反復する事によって吸収できる物が多いのがいいですね。
メンタルな面でバイクから遠のいてしまいそうになり、「早く復活したい」という焦りから直線でさえアクセルを開けるのが怖く、「このまま降りてしまおうか」としばらく悩んでいました。今回は焦るのをやめて乗れない自分を認め、皆と楽しむ事を第一優先にしました。また、ニーグリップを意識してヘソを向け、力んだ時につい息を止めてしまうので、キツイ場所では鼻歌を歌って呼吸を止めないようにしてみました。今まで曇っていた心の空がスッキリと晴れたような、とても清々しく走れた2日間でした。メンタルな面でも復活宣言です。これからも、楽しくレッスンを続けていきたいと思います


[今回の賞品]
SHOEI
プレミアムショルダーバック





| TOP | レッスン内容 | 開催予定 | 申込方法 | 申込フォーム | お知らせ | クラブ案内 |イベント | クラブ申込み |
Copyrihgt (c)2010 TEAM MARI Co., Ltd. Japan All rights reserved.